シミやたるみを作らないために、日焼け後の肌のお手入れ

シミやたるみを作らないために、日焼け後の肌のお手入れ

 

さらに30代を超えるとしみというような沈着してしまった黒ずみ隣全く取れなくなってきます。

 

メラニン色素はこのように働き者ですが、それ以外にも角質という層が紫外線をカットしてくれます。

 

角質層は肌が擦れたり傷がついたりするのを防いでくれたり紫外線から守ってくれたり水分が外側から入ってくるのを防いでいます。

 

シミを取るべきか取らないべきかシミに悩んでいる人は多いです。

 

シミはビタミンCやハイドロキノンのような漂白剤を使う根気強くなり続けることでだんだんと解消していきます。

 

年齢が高くなると新陳代謝が悪くなってシミやそばかすなどが増えますが、それは防御機能が少なくなったことを防いでくれるのかもしれません。

 

ですので、シミやシワを取るということは皮膚がんなどにはよくないかもしれません。

 

シミができるのにはちゃんと理由があります。

 

しみができればその人には紫外線に当たらなくなるので明日は守られます。

 

ですので、シミを取るのは体にとって良くないことかもしれないのです。

 

だからといってシミを取りたいという気持ちがなくなるわけではありません。

 

そうするならばシミを取った後は日光に当たらないように長袖を着るなどの対策をしないといけないと思います。

 

そうしないと皮膚がもっと老けてしまうことになるからです。

 

一般にしみというのは4種類のものを合わせていっていますが、正確には分けて考えないといけません。

 

老人性色素斑

 

これは長い間皮膚に紫外線が当たって起こる防御反応のようなものです。

 

メラニン色素が沈着して紫外線が肌の奥に届かないようにするのです。

 

一般的にしみといわれているものはこの老人性色素斑です。

 

そばかすそばかすというものもあります。

 

そばかす雀卵斑とも呼ばれていますが、タイを浴びることが多い所にできます。

 

しかし遺伝的な要因もあるので老人性色素斑とは区別されています。

 

肝斑という意味もあります。

 

肝斑は30代から40代の頬にできるシミのもので右と左のほっぺちゃんに同時に現れたことが多いです。

 

紫外線も一つの原因ですが、ホルモンも原因になっています。

 

またクレンジングなどでゴシゴシこすることが原因の一つともいわれています。

 

炎症性色素沈着

最後に炎症性色素沈着というものがあります。

 

これはアトピーはできたりレーザー治療を受けたり手術で切ったりするなどの後に残るもので皮膚が赤くなってから茶色くなって黒ずんで行きます。

 

肌を白く保つにはどうしたらいいか肌を保つにはどうしたらいいでしょうか。

 

紫外線をカットするだけでは不十分です。

 

まず紫外線を十分にカットすることができたらコラーゲンが壊れるのを防ぐことができてそれ以降にシミやシワが出来ることを防ぐことができます。

 

しかし位置は欠点もあります。

 

目に紫外線が入るとそれが脳に伝わって全身があたかも紫外線を浴びているかのような状況になります。

 

そうすると体を守るためにメラニンが作られます。

 

ですので、紫外線をカットするというのは目の紫外線もカットしないといけません。

 

サングラスやUVカットのメガネをつけるということです。

 

この時に注意するポイントとしてはサングラスの黒いものはあまり良くないということです。

 

暗いサングラスを使うと瞳孔が開いてきます。

 

そうすると広く開いた瞳孔からもっと紫外線が入りやすくなります。

 

ですので、あまり色がついていないUVカットグラスを使った方が良いのではないでしょうか。

 

参考記事
bentotakuhai17.jpn.org